リベンジポルノということで

伊藤直也さんの事件が炎上中ですが、伊藤直也さんのことはツイッターのアイコンでしか認識がなかったので実物を知りませんでした。

今回、しみじみとブサイクだなーと思いました。

仕事の方ではそれなりに才能のあるお方のようなので、こういった形で社会的に抹殺されるのは残念なのかもしれませんが、経験値がもう少し高ければ、相手が「決して近づいてはいけないメンヘラリストカッター」だってすぐ気づきそうなものを。「金持ちにはなれたけど、経験値の低いブサイク」には、難しいミッションだったのかもしれません。メンヘラからしたら、よいカモだったのカモ。

この人が、今まで通りに「問題点のほとんどは組織、人にある」とか「マネジメントで本当に大事なのは「問題にフォーカスする」である理由」とか「正しい問題に取り組むことは難しい」とか「見逃してはならない「責任」の軸」とかを説いたところで、今後は大量のLINEスクショ画像と共に脳内に浮かぶ「オマエガナー」ってセリフがどうにも回避できなさそう。仕事でイケイケどんどんだったので、女もイケイケどんどんできると思ったら、仕事と女はまるで違った、ってことなのかもしれないが、どのベクトルであれ「己の力量」を己で正しく認識出来ていない時点で、あんまり頭の良い人とは言えない感じがしました。信者とかファンとかいる人なのかな? IT界隈のことは良く知りません故、素人の感想です。全体的にセキュリティゆるゆるなのも残念。